毛穴の開きと乾燥肌

毛穴と皮脂の関係

画像

毛穴の開きと皮脂はとても深い関係にあります。

毛穴には、皮膚の内部で作られた皮脂や汗を外に出す役割があります。
しかし、皮脂の分泌が過剰であったり、汚れなどによって毛穴がふさがってしまうと、ニキビなどの原因となります。

一方、皮脂には、お肌を守る働きがあります。

お肌の潤いを保持し、ハリのあるつややかなお肌でいられるのは、皮脂が適切な量であるためで、皮脂が減少すると、ハリが失われ、乾燥肌の状態となります。

大切な毛穴を守るため、そしてお肌の健康を守るため、皮脂は必要不可欠な存在なのです。

毛穴の開きは乾燥が原因?

10代の頃の毛穴の開きは、ホルモンによる過剰な皮脂分泌が原因でした。

しかし、年齢を重ねたお肌の場合は、皮脂の過剰分泌が原因ではありません
年齢肌の毛穴の開きの原因は、お肌の乾燥によるものです。

肌内部では、コラーゲンやエラスチンなどがお肌を内側から持ち上げて、ハリを保っています。
が、年齢とともに減少したコラーゲンやエラスチンはお肌を内側から持ち上げるパワーもなくなり、新しい肌細胞を作る元気もなくなっています。

すると、肌の水分量は低下し、乾燥肌となります。
潤いの無くなった肌細胞は新しいコラーゲンやエラスチンを生み出す力が低下してしまいます。
乾燥したお肌は、皮脂を出そうと必死に毛穴を広げようとします。
よって、ますますお肌は乾燥し、毛穴はどんどん広がっていくのです。

毛穴を閉じるには、お肌の潤いを保ち、肌内部の細胞を増殖させ
新しい若々しい細胞がお肌を内側から持ち上げてくれればよいのです。

乾燥対策で毛穴を引き締める

年齢を感じるようになったお肌には、たっぷりの潤いが必要です。
そのためには、新しいコラーゲンやエラスチンが次々と生まれなくてはなりません。

コラーゲンやエラスチンを作るスイッチを入れる役割を担うのが「EGF」です。

EGFを補うことによって、
新しい細胞が作られ
肌密度が高まり
肌内部からお肌を持ち上げ
毛穴は閉じていきます。


年齢を感じるお肌に試して欲しいコスメがあります。


皮膚科医が開発した化粧品、人気のアンプルール
見た目年齢に差をつけるラグジュアリー・デ・エイジ シリーズのトライアルキット
初回限定にて9300円相当⇒2100円
↓詳細はこちらから↓

サーカス